福島県いわき市勿来町の“なこそ整形外科クリニック”のブロ グです。クリニックのことや、新設のメディカルフィットネス施設のこと、あるいは全く関係のないことについても書いていきます。
ベースボールセミナー報告
こんばんは川村です。
最近は少し日中が温かくなりました。

2月11日の日本トレーニング予防協会主催
第2回ベースボールセミナーですが本当に目から鱗が落ちる内容でした。
野球に特化した内容ですが、医療従事者やコーチ・トレーナー・競技者にも参加してほしい内容でした。
指導者は自分の考えで選手を指導してしまう事が多いですが、本来は選手が脳(心)と体で覚えることが大事です。
本質的なことですが、やらされているトレーニングは身につきません。
言いすぎることもありますし具体的にどのくらい進んでいるのかなどの判断に困ることがあります。
それも指導者の見極めが大切です。
見るポイントや選手が意欲的にそのスポーツの為にトレーニングすることが大事です。
私も経験したことがありますが、トレーニングありきになり何のためにトレーニングをしているか見失う事があります。
具体的にはウエートトレーニングをしていて、野球の為に筋トレをしているはずが、いつの間にか選手は重量や筋肉がついたこと
に目が行き動けない体になるのです。
もう一度体を自由に動かすことはなにか?
「自分で考え行動できる選手育成」
目的意識をもってスポーツの為のコンディショニング・トレーニングを行いましょう。
今回の平岩時雄トレーナーのセミナーは理論も実技も満載でした。
ぜひ、いわき市でも開催したいと考えています。
指導者も体も心も自由に動かす発想で選手をサポートできる存在になりましょう。

 ☆いわき市のメディカルフィットネス☆
“姿勢を整えて運動する”
スローコア・ストレッチポール・ひめトレ
姿勢改善・リハビリ後のトレーニング・
首こり、肩こり、腰痛、膝痛の予防運動
生活習慣病予防・ダイエット

    ~随時体験利用受付中~
詳細は、以下のHPまたはお電話にて
お問い合わせください。

HP   http://nakoso-seikei.com/
TEL   0246(78)1222

スポンサーサイト
好評につき第2回ベースボールセミナー開催
こんばんは川村です。
今日も1日に寒い日が続いています。

さて、2月11日日曜日に日本予防トレーニング協会(スローコア)の主催セミナーが行われます。
 前回12月3日に第1回ベースボールセミナーがありましたが好評のあまりその日に第2回が決定する内容です。
開催場所
千葉県印西市での開催なので福島県の方にはとても残念です。
私も、日曜の朝会場に向かいます。
 講師は前回 同様に 平岩時雄先生です。
講師の詳しい経歴などは協会HPをご覧ください。
プロ野球選手の個人指導からチーム指導も数多く指導なされています。
機会があれば受けて頂きたいセミナーです。
今後も、COREではセミナーやイベントなどを案内していきます。
その他健康に関しては・・・

☆いわき市のメディカルフィットネス☆
“姿勢を整えて運動する”
スローコア・ストレッチポール・ひめトレ
姿勢改善・リハビリ後のトレーニング・
首こり、肩こり、腰痛、膝痛の予防運動
生活習慣病予防・ダイエット

    ~随時体験利用受付中~
詳細は、以下のHPまたはお電話にて
お問い合わせください。

HP   http://nakoso-seikei.com/
TEL   0246(78)1222





日本トレーニング予防協会セミナー(スローコア)
こんばんは川村です。

日曜日は千葉県印西市で日本トレーニング予防協会のセミナーが開催されました。
講師には平岩時雄トレーナー

野球に特化したセミナーでした。
色々な内容を書きたいところですが素晴らしいの一言です。
本当に良いセミナーでした。
詳しい内容はゆっくり後日書きたいと思います。
それでも知りたい方は日本トレーニング予防協会のホームページを検索してください。
前回と今回のセミナー写真や動画が記載されています。
今回のセミナーが好評でしたので次回も決定しています。
平岩先生のセミナーとスローコアコンディショニングをぜひ体現してください。

JAPTで検索をお待ちしております。

大学でのスローコアセミナー
こんばんは川村です。
今日は一段と寒くなりましたね。

「国士舘大学新体操セミナー」
1月11日(水)に国士舘大学新体操部にスローコアセミナーに行ってきました。
スローコアの特性である筋弛緩法についてセミナーと実技で案内しました。
足上げチェックではスローコアを頭と首に引く方法で違いを感じてくれました。
そして、選手は体が柔らかいので筋弛緩からの体幹安定が必要と感じました。
今後回数を重ねてスローコアを行うことで筋弛緩してから筋肉を伸ばす動きが
さらに良くなると思います。
今後もどんどんセミナーに行きたいと思います。
ストレッチからスローコアへ
こんばんは川村です。
昨日は東京・横浜と活動していました。

さて、ストレッチの素晴らしさは皆さん知っていると思います。
しかし、ケースバイケースで運動療法を選ぶ時代になっています。
ストレッチをすれば関節可動域が広がる・柔軟性がつくと思っている方も多いようです。
筋肉を伸ばす時に、姿勢もあればリスクもあります。
ただ、ストレッチをするだけではケア・予防をすることは難しいです。
伸ばす前に、整えること・緩めることが重要です。
スローコアで筋弛緩をすることで整え・緩めて体幹の安定をしてから
行うことがこれからのトレーニング法になる時代です。
皆さんもスローコアを体験してみてください。
Copyright © 2018 なこそ整形外科クリニックのブログ. all rights reserved.