福島県いわき市勿来町の“なこそ整形外科クリニック”のブロ グです。クリニックのことや、新設のメディカルフィットネス施設のこと、あるいは全く関係のないことについても書いていきます。
大学でのスローコアセミナー
こんばんは川村です。
今日は一段と寒くなりましたね。

「国士舘大学新体操セミナー」
1月11日(水)に国士舘大学新体操部にスローコアセミナーに行ってきました。
スローコアの特性である筋弛緩法についてセミナーと実技で案内しました。
足上げチェックではスローコアを頭と首に引く方法で違いを感じてくれました。
そして、選手は体が柔らかいので筋弛緩からの体幹安定が必要と感じました。
今後回数を重ねてスローコアを行うことで筋弛緩してから筋肉を伸ばす動きが
さらに良くなると思います。
今後もどんどんセミナーに行きたいと思います。
スポンサーサイト
ストレッチからスローコアへ
こんばんは川村です。
昨日は東京・横浜と活動していました。

さて、ストレッチの素晴らしさは皆さん知っていると思います。
しかし、ケースバイケースで運動療法を選ぶ時代になっています。
ストレッチをすれば関節可動域が広がる・柔軟性がつくと思っている方も多いようです。
筋肉を伸ばす時に、姿勢もあればリスクもあります。
ただ、ストレッチをするだけではケア・予防をすることは難しいです。
伸ばす前に、整えること・緩めることが重要です。
スローコアで筋弛緩をすることで整え・緩めて体幹の安定をしてから
行うことがこれからのトレーニング法になる時代です。
皆さんもスローコアを体験してみてください。
大学でのスローコアセミナー
こんばんは川村です。
最近は暗くなるのが早くなりましたね。

10月29日(土)は静岡県にあります常葉大学の学生さんにスローコアのセミナーをしてきました。
1年生~4年生まで300名ぐらいのセミナーでした。
スクリーンでの講義と実技形式で90分の内容です。
あまりにも数が多すぎて全部は伝わりませんが、知っていただくにはすごく意義がありました。
まだまだ、スローコアの認知は始まったばかりですが、確実に広がっています。
スローコア(筋弛緩法)とは
スローコア(専用枕)を使い頭の重みで背骨をけん引することで姿勢改善が期待できます。
詳しくはスローコアか日本予防トレーニング協会で検索してください。
自分で予防を考えている方は、セルフケア法を身につけましょう。
自分のカラダは自分で守る時代が本当に来ました。
体の違和感や慢性痛など合わせて・安定して・動かす考え方が必要です。
筋弛緩トレーニングに興味のある方はぜひメディカルフィットネスCOREに問い合わせください。
スローコア・ストレッチポール・関節運動などご指導いたします。
CORE研修会
こんばんは川村です。

日曜日はCORE研修会を行いました。
足の見方・姿勢の評価など1時間半しっかり行いました。
足の改善方法やスローコアで姿勢の改善を狙って行えるようにすること。
スタッフ全員が真剣な表情で聞き入っていました。
各スタッフのレベルアップで会員さんの不具合・不調の部分をセルフケアできればと思います。

現在、女性のためのセルフケアをCOREでは推奨しています。
ぜひ、セルフケアを覚えて家族・恋人・友人などに教えてください。
お問い合わせください。
研修会
こんばんは川村です。
今日も1日はっきりしない天気でしたね。

さた、今月も研修会に日曜日行ってきます。
足と姿勢学を学んできます。
足と姿勢は本当に大切だと思います。
私たちは立つ・歩く・動くなど地球上で動く際に必ず足からつきます。
みなさんの足は大丈夫ですか?
足を学ぶと本当に奥が深いです。
重力とバランスは健康と美につながります。
みなさんも足に興味をもって姿勢を考えましょう。
慢性的な症状や原因がはっきりしない痛み・違和感など
足と姿勢から考えてはどうでしょう。
Copyright © 2017 なこそ整形外科クリニックのブログ. all rights reserved.